役員・従業員への株式承継支援

役員・従業員への株式承継支援

役員・従業員への株式承継支援親族内に後継者がいない企業が増えています。第三者に会社を売却する方法もありますが、優先順位が高いのは自社の役員や従業員に事業を承継してもらうことだと思います。その際社長の椅子だけでなく、株式も引き継いでもらう必要がありますので財務・税務面のサポートが不可欠です。

1. 株式価値算定

売買価格はいくらにすれば良いのか、適正(公平)な株価を算出する必要があります。税法ルールだけでなく、DCF方式や類似会社比準方式といった様々な方法により株価を算定し、意思決定のサポートをいたします。

2. 従業員持株会導入支援

後継者の資金負担を少なくするために、株式を従業員にも保有してもらいます。ただし、従業員が株式を直接保有すると相続で分散することや、退社時の株式買い取りの問題が生ずることがありますので、従業員持株会制度を導入し、このような問題が起こらないようにします。配当を支払うことにより、従業員のインセンティブにもなります。

3. MBO実行支援

役員・従業員の方が多額の株式買い取り資金を個人で用意することは容易ではありません。そこで、自社株の受け皿となる会社を設立し、その受皿会社で資金調達を行い、自社株を買い取る方法をMBO(マネジメント・バイアウト)といいます。
中小企業の事業承継の場面でもMBOの手法を活用することができます。

3MBO実行支援

 

お問い合わせ
Copyright(c) 2013 税理士法人KOTAKA All Rights Reserved.